単身赴任だと、旦那さんは独身の時のように時間にゆとりが可能な為、奥さんとしてはついつい浮気していないか不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)でしょうね。いつも一緒にいたのに、単身赴任で離れると恋人同士に戻ったかみたいに急に寂しくなったり・・・。近ければ毎週にでも会いに行け、旦那さんの身の回りの世話もできるので不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)も少し軽減出来るのですが、遠いとなかなか会えないため余計不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)になりがちです。特に、子供がいるとなかなか時間がなくて、メールもあまり出来なかったり、電話も気付いたのならしばらくしていなかったとなりがちなので、忙しい中にも家族の絆を築く時間を作りましょう。中には、奥さんの浮気を心配する旦那さんもいらっしゃるので、まめに子どもの(子どもや動物は特に撮るのが難しいといわれています)やメール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)を送ってあげるといいでしょう。旦那さんは急に1人の生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)になる訳ですので、寂しさを抱えながら仕事をしているそうです。従来は仕事から帰れば食事も用意されていたのに、それが急になくなる訳ですので、旦那さんの体を気遣う優しさを見せてあげて下さい。男性と言うのは、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)よりも寂しがりやです。寂しい時に奥さんから相手にされないと、どうしても他の女性に癒しを求めがちだと言えるのです。特に単身赴任中は、身の回りの事に不自由さを感じていらっしゃるので、身の回りの事を気遣ってくれる女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が現れたら、心動かされてしまいます。時間も?多くある上にね。ですから、単身赴任をきっかけに夫婦の絆を結んで言ってください。例えば、朝起きたらメール(メールアドレスが流出してしまうと、迷惑メールがたくさんきて困ります)を行うとか、夜寝る前にメール(メールアドレスが流出してしまうと、迷惑メールがたくさんきて困ります)するとか・・・。2人でルールを決めるのも良いと思いますね。独身時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)に会いたくてたまらなかったといった時のことを2人で思いだして、子どもが寝た後に付き合っていた頃の話をすれば、会いたい気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)が強まり、別の女性が入る隙間をなくす事ができるはずです。単身赴任中は男性に取って非常に浮気しやすい環境とはいっても、夫婦感の絆を強めるいいきっかけにもなるみたいです。奥さんの努力次第では、旦那さんは変わるかもしれませんよねー